二輪祭

バイク・自転車・キャンプ・登山でいろんな所へ

UCO キャンドルランタンをブッシュクラフト オイルインサートキャンドルでオイルランタン化

スポンサーリンク

キャンドルランタンって程良い明るさでテーブルの上を照らすにはもってこいですね♪

 

僕もキャンプツーリングの時には持っていくアイテム。

 

ですが溶けた蝋の処理がね…なのでオイルランタン化してる人は多いと思います。

 

ブッシュクラフト オイルインサートキャンドル 90

f:id:taka-xl883n:20201031114830j:image

焚き火ギアで有名なブッシュクラフトからパラフィンオイルを入れて使うオイルランプが出ていました。

 

 

これがUCO キャンドルランタンにピッタリ!

 

 

 

f:id:taka-xl883n:20201031114735j:image

素材はアルミニウムで重量は38g。

 

パラフィンオイル20mlで点火持続時間は約4時間と普通に使う分には問題ない点火時間ですね。

 

セット方法

f:id:taka-xl883n:20201031155619j:image

早速セットしてみましょう!

っと言ってもキャンドルの土台やスプリングはそのままで入れ替えるだけ。(自己責任でな)

 

f:id:taka-xl883n:20201031114921j:plain
しっかり頭が出ていますね!

リフレクターの金具とオイルランプの金色がワンポイント的に目立ってカッコイイ♪

 

 

 

点火状態

f:id:taka-xl883n:20201031164808j:image

程良い明かりでデーブルの上がオシャレに照らされており、ゆらゆら揺れる炎は見ていて飽きませんね。

 

点火する時の芯の長さは3〜5mm。炎が大きかったり、芯の減りが早い場合は芯にオイルが染み込んでいない恐れがあります。

 

芯の先端をほぐすとしっかり染み込みやすいですよ。

 

これで使い勝手が良くなってさらにお気に入りのギアになりました(*´∀`*)

キャンプの夜が待ち遠しい…

 

そうそうキャンドルランタンに付けてるのはWhat will be will be レザーカバー。レザーカバーは使い込めば味が出ますしカッコ良さが増しますよ♪

 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村